スマートフォン版に切り替える

タコ耳

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2017.12.22

皆さんこんにちは。教務のコバヤシです。
今年も残すところあと10日余り。最近寒気の影響でめっきり冷え込んでいます。
私は寒いのは苦手ですが皆さん寒さに負けずいかがお過ごしでしょうか。
今日は柔道部の活動をご報告致します。

以前にもお話しさせていただきましたが、本校の柔道部は「楽しく厳しく」をモットーに老若男女、経験者初心者問わず、週2回ではありますが、活動しております。
昨日は稽古納めとして今年最後の練習を行いました。

DSC06809

最近はとても寒いので怪我をしないようしっかりウォーミングアップを行い、寝技の乱取り、打ち込み稽古、投げ込みを行った後に乱取り稽古と約2時間行いました。

DSC05024 DSC05691

私も老体に鞭を打って頑張りました。

DSC05687

そんな中、本校に入学してから柔道を始めた男子学生と立技の練習をしていたら、彼の左耳が少し腫れているのに気づきました。
いわゆる彼の耳は「タコ耳」になってしまったのです!

DSC05695

柔道経験者ならご存知の方も多いと存じますが、正しくは耳介血腫と言い、柔道や相撲、レスリング等で耳への強い圧迫や擦れる事で出血して発生すると言われています。
その後再度刺激が加わる事で耳介血腫が瘢痕化していわゆる「タコ耳」を形成し耳介の変形に至ります。

私が知っている中では初心者で「タコ耳」を作るくらい練習に励んでいる学生は今まであった事がありませんでした。
いつか彼の「タコ耳」が柔道家としての証になれるように頑張って欲しいと思います。
もちろん勉強もですが…。

今年も残りわずかとなりましたが、皆さん良いお年をお過ごし下さい。

柔道整復師 養成校
日体柔整専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00