スマートフォン版に切り替える

体格差の大きい場合のストレッチ法

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2017.12.06

こんにちは。教員の熊谷です。
これは日体接骨院の昼休みの風景です。

DSC05427

DSC05424

ご覧の通り、私が松田先生にストレッチをしているところです。
大変さが伝わってきますでしょうか。決してやらせではありません(笑)

そうなんです!とても大変なんです!
その大変さは、松田先生と私の体格差にあります。

私のように小柄な人が体格の大きい人にストレッチをする場合は、体重の乗せ方や、体の使い方を工夫しなければなりません。

今ではある程度、体格の大きい人にもストレッチで伸長感を出せるようになりましたが、松田先生は柔道の選手でもあるため「体格がよい」+「関節が柔らかい」のです。
そのような理由から渾身の力を入れないと伸すことができないため、これが私の課題となっています。

DSC05444

最後には体のカタい私も伸ばしてもらいました!

柔道整復師 養成校
日体柔整専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00