スマートフォン版に切り替える

柔道整復師資格取得後の進路career

国家試験合格 それから・・・

在学中に学んだ知識や技術を基礎に、卒業後は臨床現場(接骨院、整形外科病院など)で柔道整復師として研鑽を積むことになります。

およそ3〜5年の臨床研修の後、開業することが従来は一般的でしたが、「外傷のスペシャリスト」としての特徴を生かし、スポーツトレーナーとして活動する人も多くなってきました。

また、5年以上の現場経験の後にケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得して、介護福祉の分野で活躍する人も増えています。

接骨院経営者・企業採用担当の皆様へ

その後の進路

本校では、国家試験合格後の実践に目標を置いています。
よって、国家試験合格がゴールではなく、いかに社会に貢献できる人材を育てるかの見地に立ち、日々努力を続けています。

成果は学生の進路に表れています。
特に接骨院開業率は59%にものぼり、本校の実績の裏付けといえます。

  • 接骨院開業59%
  • 接骨院勤務15%
  • 病院勤務5%
  • 教員10%
  • スポーツトレーナー・その他6%

講師陣
実践の場 日体接骨院
接骨院経営者・企業採用担当の皆様へ

卒業生の広がり

本校卒業生は卒業後、さまざまな形で社会に貢献し、全国各地で活躍しています。

オープンキャンパス

進路に迷ってる方必見!進路相談会

2017年5月21日
14:00~

申込み